プロフィール

フラワー&ネイチャーエッセンスセラピスト

Author:フラワー&ネイチャーエッセンスセラピスト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠を招いてくれたフラワーエッセンス~メンタルも不妊の原因の一つ~

何故か旦那様の担当地区の方々に妊娠を知られているKANAですDASH!


病院へ行ったものの、まだ袋しか確認できない時期でした

「妊娠してますね。でもね、心音がまだわからないから、安静に。もしかしたら育たないかもしれないから」


12週目まではとても流産の可能性が高いんですよね

しかも、第一子って本当に流産しやすいのです(第二子からぐっと確率が下がる 第一子が六分の一なら、第二子は36分の一なの)


知識としては知っていて、それは母体を整えるために来てくれた子だとか


でもね、知識と感情は違うのですよねー


心音が確認できるまでがなんと長かったことか


心音が確認できた時、嬉しくてすぐさま旦那様にメールしました


「○○さんに、出血とお腹の痛みってかなりやばいって言われたけど、大丈夫か?」

「○○さんとか他4人に赤ちゃんの名前俺が決めるって言われて参ったよー」

「お袋喜んでいたよビックリマーク


はいはてなマーク


えーっと、まさかいろいろな人に言ってるビクーッ


今までフラワーエッセンスの内容を言っても、検査薬で反応が出ても、病院で妊娠してると言われても意外と冷静だったですよねー

もちろん喜んでましたが


あの私、まだ実家にさえ言ってないのに、どうして他の方々が知ってるの~叫び


どうやら旦那様、すっごく嬉しかったみたいで、心音確認と同時に行く先々やら電話かかってきた人に言いまくっていたらしい


なので、12週目までは流産の可能性が高いこと、安定期に入ってから伝えてほしいと言い含めました

(ま、そのころにはほとんどの人が知っていたので後の祭りだったわけですが(笑))

まあ初めてのことなので旦那様も知らないこといっぱいあって当然なんですけどねべーっだ!


で、のちのち安定してきたころに言いだしたのが(聞き出したのが)


本当はすごく子供ができないことに責任を感じていたこと

もし子供がこのままできないと、離婚されるんじゃないかと恐れていたこと


私が欲しがっていたことを知っていただけに、さらに自責の念を感じて、落ち込んでいたそうです


( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


聞いてびっくりでした


もともと結婚当時から、子供は欲しいが子供を作っていいのかこの時代にと言っていたのは旦那様で、また旦那様の周りにはこの時代に子供を生み出すのは罪だって言ってる人が何人かいて


また旦那様はインディゴちゃんなので、子供を持つということに潜在的恐怖を持っているとばかり思っていました

(これについてはまた今後書きたいと思います)


だから子供を持つということに対して、引けてるのかなーと思っていて


一時期はそれに腹も立てましたが、じゃあ旦那様以外の人との子供が欲しいかと言われると、私はNO~!!パーだったので、まさか不妊でそんなに悩んでいるとはDASH!


ああああ~早くもっとその気持ちを聞いていれば・・・

でも、突き詰めて話し合いをしてなかったからお互い認識がずれていたのねとちょっとショックでした


でも例のフラワーエッセンスを使いだしてから、子供ができないんじゃないかという恐れから、不思議と子供はできると言う思いに変わっていったそう


不妊のフラワーエッセンスが働く作用として、妊娠を妨げる感情を癒します


たとえば

・子供ができたら経済的に大丈夫だろうか

・うまく子育てできるだろうか

などなど子供を作ると言うことへの不安・恐怖・心配などを解消します



旦那様の状態を見ると、肉体的には問題なかったと思うのですが、ストレスが相当かかっていたみたい

ま、その原因の一つは私だなガーン


また不妊のカルマがある場合もこれを解消してくれます


身体と心は繋がっています

心に引っかかるところがあると、身体もそれに反応してしまうということですね

スポンサーサイト

<< 薬膳に基づいて♪ | ホーム | 妊娠を招いてくれたフラワーエッセンス ~思いもよらず☆~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。